洗い流さないトリートメント リシリッチの良い口コミと悪い口コミまとめました。

その使い方じゃもったいない!洗い流さないトリートメントリシリッチの正しい使い方

リシリッチ

洗い流さないトリートメントとして、リシリッチは評価が高いです。

 

まず、評価が高いポイントを確認してみます。

 

  • べたつかない
  • さらっとまとまる
  • 夜も朝も使える

などが、洗い流さないトリートメントとしてリシリッチが評価されている点です。

管理人によるリシリッチ使用前・使用後の写真レビューはこちらです。

 

ただ、反対に

  • もっとしっとりさせたい
  • クリームに重さがなく物足りない

との声もあります。

 

実は、これらは使い方で改善できるんです。

 

洗い流さないトリートメント リシリッチでもっとしっとりさせる秘訣

 

まずはしっかりとタオルドライを。

まず、洗い流さないトリートメントを使うときは、リシリッチに限らずどの製品でも、

  • しっかりと水分を拭き取る
  • 毛先を中心に、ケアしたいところに均一につける

ことが大事です。

 

特に、水分が残っていると、洗い流さないトリートメントが均一に浸透しない原因になるので、しっかりとタオルでふき取りましょう。
体を拭いたバスタオルでは十分に水分を拭き取れないので、髪を拭くときには乾いたタオルを使いましょう。

 

髪の毛を触ってみて、水滴がつく状態では、まだ水分の拭き取りが不足しています。

 

リシリッチの使い方のポイント

しっかりタオルで水分を拭き取ったら、いよいよ洗い流さないトリートメントをつけていきます。
このときのポイントは、毛先を中心にケアしたいところに均一につけていくことです。

 

洗い流さないトリートメントの効果を十分に引き出すには、髪の下1/3に、毛先を中心としてつけていきます。
理由は、毛先が圧倒的にパサついていて傷んでいることが多いためです。

 

洗い流さないトリートメントをつけるにあたり、どうしても、はじめにつけるところに多くついてしまうので、

  • まず髪を左右に分けておく
  • 1プッシュして右につける
  • 1プッシュして左につける

のような流れで使うと、均一につけることができます。

 

そして、ドライヤーでブローして完成です。

 

リシリッチを朝に使う場合は?

さらに、洗い流さないトリートメントでおすすめのリシリッチは、朝の乾いた髪にもそのまま使うことができます。
毛先を中心に、髪の下1/3につけていきます。
そして、ドライヤーでブローすれば完成です。

 

リシリッチを全額返金保証付きでお得に試す